医師の募集は止まらない

医療領域における医師の存在は絶対です。
ほぼ全ての医療領域において、医師の存在なしで活動が出来る医療スタッフは存在しません。


その様な事情から全国土どような地域であっても医療サービスを提供するために十分な医師が必要とされ募集が行われています。

募集状況の程度は地域によって大きな差があります。

専門性がかつてよりも高まった関係から、より多くの経験を積むことができる都市部での勤務開業を望む医師が増えており、地方では深刻な人材不足が続いています。圏内に医大の少ない地域や離島を擁する地域では、最低限の医療を提供するための人材不足に苦しんでおり、常に募集が行われている状況です。人材の過不足は近隣の教育機関の充実の程度に大きく影響を受けています。近隣に養成を行う医大がある場合には相応の人材が確保できますが、広い土地に医学部が一つしかない場合などは深刻な不足が発生してしまう状況に陥っています。以前ある地方で産科医師が不在と言うことで公立病院の産科婦人科を閉鎖すると言う事件がありました。



安心して子供を生むことができない地域になってしまったことから大きな問題として取り上げられ、最終的に年収4000万という高給で専門医が迎え入れられたことがありました。

養成される人数が限られていることから、中々十分な人数が集まらないまま時間ばかりが過ぎていますが、遠くない将来には解決しなければならない問題として立ちはだかっています。